身近な通信機器を見直して更にお得に使う方法

通信機器の応用

>

通信機器の応用編について

どんな通信機器で応用をする

例えば昔によく使われたアナログ通信機器について。
モールス信号はすべての通信機器の大元です。
モールス信号がより応用に進んできたのが、デジタル信号です。
さらにどんどん応用に発展しにきたのが、パソコンから、またはスマートフォンからデータ送受信するようにも進歩できました。
ですがモールス信号もより応用を磨けば、さらに素晴らしい発明を生み出せる可能性はあるかもしれません。
何故ならば他の電子機器と違って電気を必要としないで、音によって言葉を送信することができるからです。
もし決められた合言葉でデータを電気なしで送れることが今の未来につながるとしたらさらにすごい発明になりえるでしょう。
まだまだ通信機器の未来はあります。

自分でも作れる通信機器

実際に通信機器を作ろうと思ったらどんな風にできているのかそれに対して興味が湧いてくると思います。
まず通信機器で応用を作ろうと思ったら何事も基本、一から作って通信機器の仕組みを知ることで応用の知識が広がるでしょう。
早く早くと私だけの通信機器を作成したいという気持ちもわかりますが、そのための近道として簡単にまとめて行きましょう。
まずはモールス信号を一から作るということがより通信機器の知識をまとめられます。
モールス信号の仕組みが把握できたところ上で、電気も必要としない通信機器を生み出すという、または風力や火力、水力などで発電するというアイデアがたくさん生まれるでしょう。
そうすることで、あなただけの通信機器が生まれるでしょう。


TOPへ戻る